意外と知らない健康診断の費用について


意外と知らない健康診断の費用について

会社勤めをしていると、1年に1回、定期的に健康診断を受ける機会がありますが、大多数の企業では受診費用が企業側の負担となっています。社員はお金の面を心配せずに健康診断を受けることができるため、実際に受診料金がいくらになっているのかを考える機会はあまり多くありません。では、健康診断を個人的に受診する場合、その料金の相場はいかほどなのでしょうか。
健康診断は、健康状態の確認と病気の予防を目的に受診するものであるため、保険の適用はできず、料金は全額自己負担となります。1人あたりの料金の相場は10,000~15,000円程度となっています。この料金は、普通に病院で診察を受ける時と比べると高いですが、人間ドックと比較すると安く、決して重い負担ではありません。
なお、医療機関によっては数千円の費用を追加してオプション検査を受けることができます。定期健診だけでは身体の状態について調べられない項目も多いので、お金に余裕がある場合は検査項目を追加し、気になる部分について詳しく調べてもらうと良いです。

健康診断の料金相場を調べる

健康診断の料金相場は、職業によって異なります。
会社員の場合は、年1回(化学薬品を扱うなど特定の職業に従事している人は年1~2回)受けますが、会社が負担するため無料です。
健康診断には、病院などで行う「施設健診」と健診車で行う「巡回健診」の2種類がありますが、金額は基本的に同額です。
では、どのくらいの金額を会社が負担しているのかというと、定期健診なら9,000~1万円、生活習慣病健診なら1万6,000~2万円というところです。
健康保険組合に入っている会社員だとさらに安くなり、5,500円くらいで済みます。
また、追加で精密検査などが必要になった場合も一部を組合が負担してくれるので、一般の会社員より少ない負担で済むことが多くなっています。
専業主婦・フリーターなどで健康保険組合に入っていなかったり、会社自体が健康保険に入っていない場合は、全額を自費で負担することになります。
その際の金額は、一般の会社員と同様、9,000~1万円となります。